犯罪記事削除


犯人の実名とともに犯罪事件が報道されると、ニュースサイトから、またたくまに掲示板やブログにも転載されます。


しかし、ひとたびネット上に掲載されると、刑事事件は終了しても、記事は半永久的に残り続けて、様々な社会生活上の支障となります。

 

例えば、名前を検索すると簡単に過去の犯罪に関する記事が出てきてしまうため、就職できなかったり、運良く就職できても、後日発覚して退職を余儀なくされたりと、却ってその人の更生を阻害してしまうことは切実な問題です。

 

犯罪に関する記事を公表することは、一定の場合にプライバシー権侵害となることが認められていますが、どのような場合に削除が可能かの判断は、専門的知識を要します。

 

現在では、インターネット上の犯罪記事の削除を謳う弁護士や企業の広告も増えていますが、当サイトを開設した当時は、ほとんど見当たりませんでした。
当サイトの弁護士は、この分野で培った知識・経験を生かした判断・対応が可能です。

 

削除手続の大まかな流れは以下のとおりです。



■お問合せフォーム■

メモ: * は入力必須項目です